• TEL: 027-324-8748
  • メールでのお問合せメールでのお問合せ
  • ブログ | 株式会社シュウワエンジニアリングは群馬県高崎市にある機械設備保全・プラントメンテナンス・機械器具設置・管・電気工事・製缶・部品・治具・加工・省力化機械設計製作・環境改善の専門企業で日本一ありがとうと言われるMMS(Man Machine System)保全病院を目指しています。

ブログ
blog
ブログ

食品工場の脱水機のオーバーホールについて

食品工場で使われている脱水機が異音がするという事でメンテナンス(オーバーホール)のご依頼を頂きました。

材料を洗う工程で使用されるものです。
モーターとベルトに繋がれた脱水層を回転させることによる遠心力で、脱水層の内容物の水を切って排出する機械になります。

現地調査したところ、確かに異音が発生しておりベアリングの軸の劣化によるものかと思われますが、ベアリングが脱水層底部の下部分にある構造になっているので、脱水想定部や脱水層カバーを外さないと交換ができないようになっているのでオーバーホールすることをお客様と相談し了承を頂きました。

 

シュウワエンジニアンリグの工場に搬送し、オーバーホール作業に取り掛かります。

 

脱水機の構造は以下のようになっていて

① 脱水層底部
この部分を高速回転させることで脱水層の内容物の水を切り排出します。
② バネケース
脱水機の三隅にあるバネケースの中にバネが搭載されており、衝撃を吸収します。
③ 脱水層カバー
脱水層を覆うカバーです。
④ 脱水層ドラム
穴が開いたドラム式の脱水槽です。

④の脱水層ドラムが①の脱水層底部に乗る形で稼働するものになります。

 

分解後、異音は想定通り脱水機やモーターに取り付けられているベアリングが劣化したことが原因だと判明しました。
このまま使用し続けると破損して大変危険なので、中のベアリングと軸の交換を行います。

また、脱水層には泥や食材の皮などによって目詰まりを起こしている部分も見受けられました。
このままでは十分な水切りを行うことができず、品質の低下や故障につながる可能性があるのでこの部分もしっかりと清掃を行います。

以下の手順で作業を行いました。

  1. 脱水機本体を分解します。
  2. 分解した部品を洗浄清掃します。
  3. 軸受やパッキン、プーリーを新しいものに交換します。
  4. 組立を行った後に塗装します。
  5. 最後にベアリング部のグリスの補給行って現場で取り付けて完了です。

作業完了まで10日を要しました。

ドラムが抜けにくい状態になっていたので、バーナーであぶり熱膨張させることでなるべく軸を傷つけずに着脱を行いようにしています。

ベアリング部のグリス補給を定期的に行うことにより、ベアリングの劣化を遅らせることができます。
また、脱水層の中に泥等が溜まることは、機械の劣化を速めてしまうことにもつながりますので、こまめの清掃が大事となります。

 

 

お問い合わせ


株式会社シュウワエンジニアリング

〒370-0873 群馬県高崎市下豊岡町1482
TEL. 027-324-8748 / FAX. 027-324-0137

メール info@shuuwaeng.com