• TEL: 027-324-8748
  • メールでのお問合せメールでのお問合せ
  • ブログ | 株式会社シュウワエンジニアリングは群馬県高崎市にある機械設備保全・プラントメンテナンス・機械器具設置・管・電気工事・製缶・部品・治具・加工・省力化機械設計製作・環境改善の専門企業で日本一ありがとうと言われるMMS(Man Machine System)保全病院を目指しています。

ブログ
blog
ブログ

化粧品メーカーの真空ポンプ修理

 

今回は化粧品メーカーで使われている真空ポンプの整備修理になります。
ポンプの真空を利用し、化粧用品などの水分を真空乾燥します。
ポンプを運転するとすぐに漏電ブレーカーが落ちて機器が止まって使用できなくなり、
運転時でも異音がするという症状で弊社にお問い合わせをいただきました。

 

漏電ブレーカーが落ちてしまう原因としては、その名の通り漏電が発生しているか、
もう一つはブレーカー容量を超えた過負荷状態になっている可能性が考えられます。

まず漏電の可能性ですが、真空ポンプのケーブル保護管に使用されているのが
塩ビニルの合成樹脂製可とう電線管及び、ストレートであり隙間が空いていました。
清掃などの作業時に水が電線管内に侵入してしまい、
接地線と動力線の間の絶縁抵抗が下がって漏電ブレーカーが反応した可能性が考えられます。

もう一方の過負荷の要因を考えます。
粉体が蓄積した事とポンプの動作時に多量に粉体を吸い込んでしまったようです。
真空ポンプを分解したところ内部に粉体が多く見られました。
こちらの多量の粉体が異音の原因と思われます。

真空ポンプ分解後。

さらにケーシング内部のローターの汚れも多く見られ粉体が多量に張り付いています。
これも異音発生の原因になっていると考えられます。
その他の各種部品も経年劣化していました。

ケーシング内部のローター。

また、ケーブル保護管をこのまま使用し続けますと、
再度漏電が起きてしまう可能性もあり最悪感電などの事故にもつながってしまう恐れがあります。
さらに、粉体もこのまま放置しますとポンプ能力不足となって本来の能力で運転することができません。

交換前のケーブル保護管。

 

解決策としては過負荷と異音対策にケーシング内部のクリアランス点検と調整、清掃を行います。
また、必須なのはケーブル保護管を防水保護管に変更することです。

解決策とお見積もりをお客様と相談して伝えたところご納得いただいたので、この方針で行くことになりました。

 

現地へ赴いて分解作業を行って各所の点検を行います。

ケーシング内の清掃。

ケーシング内部の各所クリアランス点検と清掃を行いました。
点検の結果、正常な数値だったためケーシング内の清掃を行うことが最適と判断しました。

ケーシング清掃完了。

次にケーブル保護管の作業です。

ケーブル保護管を防水保護管に変更しました。

後は各種消耗品の交換とギヤオイルの交換を行い、組み込みをします。

組み込み完了後、現地で組み立てを行い試運転を行いました。
過負荷や異音、異常も認められなかったためお客様へ納品となりました。

 

 

今回のように粉体を吸い込んでしまっている状態ですと、
ブレーカへの過負荷が発生して不具合のもととなりますので定期的なポンプ周りの清掃を心がけてください。
また、ケーブル保護管を防水保護管にしたことにより漏電を防ぐことができ、ケーブルの腐食対策にもなります。
このようなケースでは防水保護管に変更するとをお勧めいたします。
弊社ではこのような管の変更なども行っていますのでお気軽にご相談ください。

 

お問い合わせ


株式会社シュウワエンジニアリング

〒370-0873 群馬県高崎市下豊岡町1482
TEL. 027-324-8748 / FAX. 027-324-0137

メール info@shuuwaeng.com