• TEL: 027-324-8748
  • メールでのお問合せメールでのお問合せ
  • ブログ | 群馬・埼北で機械修理・設備保全・メンテナンス・IoT保守・環境改善・コスト削減・生産性向上・節電・電力削減・ボイラー省エネ・フォークリフトバッテリー再生・アルカリ電解水・次亜塩素酸水・スケール防止・環境衛生・機械器具設置・管・電気工事ならシュウワエンジニアリング

ブログ
blog
ブログ

エキセントリック式真空ポンプとそれを利用した化学調合

今回は真空ポンプのエキセントリック機構とそれを利用した化学調合の方法について紹介します。

真空ポンプはその名の通り容器内から気体を排出し、真空を得るためのポンプです。

シリンダーの中のピストンを高速で往復させることで流体を移動させるのですが、そのピストンを往復させる方法の一つに「エキセントリック」というものがあります。

エキセントリックとは回転する軸に軸と中心をずらして円形のディスク(エキセントリック・シーブ eccentric sheave)を堅固に固定した機械要素です。eccentricという英単語の「偏心した」という意味に由来しており、主に蒸気機関車の車輪にみられる構造です。

 

真空ポンプの用途の例として[タンクの中を真空状態にして他のタンクの気体を吸い上げる]という方法があります

あらかじめタンクの中に液体(又は固形物)を入れておき、そのタンクとは別の気体が入ったタンクにパイプで繋がれた状態にしておきます(この時それぞれのタンクの液体(又は固形物)と気体はまだ混ざり合っていません)

その状態で真空ポンプを使い、液体(又は固形物)が入っていた方のタンクの中を真空にする事で別のタンクに入っていた気体をストローの要領で吸い上げ、もともとタンクに入っていた液体(又は固形物)と別のタンクに入っていた気体を混ぜ合わせて化学反応を起こし、香料や薬品を作るという仕組みです。