• TEL: 027-324-8748
  • メールでのお問合せメールでのお問合せ
  • 商材紹介 | 群馬・埼北で機械修理・設備保全・メンテナンス・IoT保守・環境改善・コスト削減・生産性向上・節電・電力削減・ボイラー省エネ・フォークリフトバッテリー再生・アルカリ電解水・次亜塩素酸水・スケール防止・環境衛生・機械器具設置・管・電気工事ならシュウワエンジニアリング

商材紹介
techcorporation maxim
商材紹介

スパコン(スーパーコンデンサー)

スパコン(スーパーコンデンサー)

空調機を含むどの冷凍機械類には以下のような仕組みがあります。


 冷房の場合
まず暖かい空気を吸い込み、それを冷えた液状の冷媒で冷やして、空気から熱を奪い冷気を作ると同時に、蒸発させて高温の気体・ガスになった冷媒は圧縮機を通った後凝縮機にて冷媒を冷たい空気で冷やして凝縮させて再び液化させ、その時に暖まった空気を室外機で放出する、
という仕組みで物を冷却することや、室内機から冷風を出す事ができますが、
凝縮機は劣化すると冷房運転時には冷媒を完全に液化させることができずに十分な冷却を行うことができなくなり、冷房効率が下がってしまいます。

 暖房の場合
冷房とは逆に冷たい空気を吸い込んで、今度は圧縮機によって高圧・高温のガスになっている冷媒とで熱を与えて熱気を作り凝縮機を通して冷えて液状になった冷媒を圧縮機で圧縮して再び高圧・高温のガスにして、その時に発生した熱気を室外機で放出する
という仕組みで室内機から熱風を出しますが、
冷たい外気を吸い込むときに室外機に霜が付着してしまい、吸い込みが弱くなって暖房効率が下がってしまいます。


そこで室外機にスパコンを取り付けることによって、
冷房時は凝縮機の冷却機能を強化して冷房効率を上げ、
暖房時は室内機から戻る冷媒(40℃程度の暖かい空気)でスパコンが温まり湯たんぽ状態になることで、吸い込む冷たい空気が熱交換されて室外機に霜が付くのを抑制し、暖房効率を上げます。
 これにより空調の年間使用電力量を従来の約10%前後削減することができます。